あなたとヨガをつなぐ贈り物。ヨガウェア通販 – style yoggy

TOP > 記事 > ピラティスの教えに通ずる?ウェアの選び方

ピラティスの教えに通ずる?ウェアの選び方

ピラティス_ウェア_styleyoggy

身体への高い効果から、根強いファンの多いピラティス。
日本のピラティス人口は約5万人とも言われています。
そしてピラティスの本場アメリカでは、愛好者はなんと860万人にのぼるそう!(2010年CNBC調べ)日本でもまだまだ増えそうな予感ですね。
さて、今日はピラティスウェアについて。
ほとんどのショプではヨガウェア・ピラティスウェアは、区別することなく同じところに置かれていて、はっきりとした差がないように感じます。
では実際にピラティスをしている人のウェア選びのポイントって??
スタジオ・ヨギーで、養成講座の講師も務めるインストラクターのリカさんにお話しを伺いました。

rikasan
リカさん
スタジオ・ヨギー スクールディレクター/ピラティスインストラクター

ウェア選びはピラティスの教えにも通じてる!?

  ご存知のように、ピラティスはドイツ人であるジョセフ・ピラティス氏によって考案されたエクササイズです。
当時のクラス風景を撮影した資料をみると…(結構な確率で)短パン1丁で指導にあたるピラティス氏の様子が現れます。正しい姿勢や動きが分かりやすいだけでなく、ピラティスをする時に本当に必要なものは何か?にフォーカスした結果ではないかと推測できます。

Joseph Pilates

  ピラティス氏は自身の著書の中で、このように書いています。

「出来るだけ新鮮な空気を吸い、太陽の光を浴びる機会をのがしてはならない。 口、鼻、肺だけでなく、体は毛穴をも通して“呼吸”していることを 忘れてはならない。清潔で開いた毛穴からは汗が出て、絶え間なく体内の毒を 排泄してくれる。さらに、相当の寒さを感じない限り、エクササイズをするとき トレーナーやそれより軽い衣服もつけないほうがいい。 いつでも、どこでも、出来るだけ“短パン”や日光浴用の衣服を着て 元気を与えてくれる紫外線が体中の毛穴に届き、浸透するようにするのだ。 (中略) 正しく呼吸をして、正しく歩き、きびきびと腕をふる。 この堅実なアドバイスに従えば、きっと快適で爽快な気分になるだろう。」(抜粋)

ピラティス氏の身につけているものは、自然の法則に従うことが健康と幸せを導く、という自身の持論に基づいた結果だったのです。

また、ピラティス氏の教えの中のひとつに「集中」というものがあります。自分自身に集中しようと思った時、その動きを妨げないウェアを選んでいくと、自然とデザインがシンプルでフィットしたものに辿り着きますね。 ピラティスをする時は、余計なことに囚われず、自分自身の身体の動きに繊細になれるかどうかが大切です。

ポイント① 適度なフィット感

rika2

ピラティスのクラス中には、正しい姿勢で動くことの重要性について、インストラクターからさまざまなインストラクションがあります。そんな時、自分でも姿勢や動きが感じやすく、インストラクターから見ても分かりやすいフィット感のあるウェアは、ピラティスに適しているといえます。 また裾がめくれる度に着衣の乱れを直していると、なかなかクラスに集中できないので、トップスもボトムスもある程フィットするものがおすすめです。

ポイント② 着心地がよく、シンプルなもの

rika1

マットピラティスのクラスでは、マットの上に仰向けや俯せなどの寝た姿勢でいることも多いので、ボタンやファスナーなどが身体に当り気になってしまうことも。装飾の少ないシンプルなものを選ぶことで、ストレスなくクラスに集中することができます。

リカ先生おすすめ!ピラティスウェア5選


ピラティスを始めてみよう!という方へ リカさんからのメッセージ

「考案者ジョセフ・ピラティス氏は、エクササイズ、正しい食生活、睡眠、十分な日光、新鮮な空気、そして人生のなかでの仕事と遊びと休養のバランスが健康と幸せを導くと言っています。 最初は細かいことを気にせず、まずは気軽に体を動かすことを楽しみましょう。エクササイズをしたあとのシャキッとした爽快感を、是非皆さんに味わってほしいです。クラスでお待ちしています!」

pickup & topics おすすめの特集

article おすすめの記事

過去の記事を見る